2006年09月06日

投稿13 ゲツヨウが憂鬱な方に送る本


◇◇ゲツヨウが憂鬱な方に送る本◇◇


この本を知った動機

 私は、インターネットビジネスに興味を持っており 
初めは作者のWebサイトでビジネスの勉強をしていました。

 たまたまメルマガ登録をしていて本の発売が決定した時点で 
 私宛に直接作者からMailが届いた事で、この本の存在を知りました。



私は読んだのか?

 まだ読んでいません。

私は海外で生活しているので本を手に入れるのが困難
だからです。

 もしも私が日本で会社員の生活を続けていたのであれば
間違いなく手にしていた事だと思います。

 そして、今転職を考えている私の友人には是非 
読んでもらいたいと思っています。


 ちなみにアマゾンで 本の記事を少し読むことがでたので 
少しだけ拝見させて頂きました。



作者はどんな人

 簡単に説明すると有名なお金持ちです。

インターネットビジネスでも名の知れた人物で 

 日本のビジネス誌で紹介されたり 
海外においても お金持ちの特集でインタビューを受けていました。



この作者に関するサイトは?

  ブログのタイトル:「IwamotoTakahisa.com」



この本はどんな本

 作者のWebサイトで確認できます。

この本についての感想はアマゾンのPageで紹介しています。



この本に関するサイト

ブログのタイトル(Cと同じ):「IwamotoTakahisa.com」



どうやって手にいれるか?

 発売されて間もないので新品がお勧めだと思います。

もしも購入予定があるのであれば インターネットでの購入がお勧め

 送料が無料になる対象だからです。



本の紹介Pageへ移動

  投稿14(次の記事)



その他の作品へ移動

  投稿15 



YMOAからひとこと

 実はこの本について 私が作成しているブログでも紹介
したことがあるのですが

 本の内容と少し関係無いかもしれませんが まぁ見てやって下さい。

 アマゾンで少し記事を読むことができます。
読んでみていかがでしょうか?

  ブログのタイトル:「YMOAの将来相談ブログ」

 以上

補足:記事のタイトルと本の題名は関係ありません。
   読者の皆さんで本のタイトルを当ててみて下さい!


作成日:9/5 火曜日  作成者:YMOA








YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

2006年09月08日

投稿15 「岩元 貴久さん」のその他の本や感想 


◇◇「岩元 貴久さん」のその他の本や感想◇◇



【本の感想】  皆さんの感想をお待ちしております。

【その他の書籍】 朝起きるたびに、どんどんお金持ちになっている 情報商人のすゝめ~1日2時間の労働で、毎月新車が買えるくらい稼ぐ方法~

 本のタイトルをクリックすると紹介ページへ移動できます。






 以上








YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

投稿18 語学の入門書


◇◇語学の入門書◇◇

この本について(前回の記事)


@この本を知った動機

 当時の私は 海外生活の準備の為に英語の語学書を探していました。

 この本の存在は知ってはいましたが この時はたまたま
図書館に用事があり その際に この本を見つけたことからです。



A私は読んだのか?

 はい、読みました。

確か3回以上読んだのかな?



B作者はどんな人

 名前: 角田 信朗(かくだ のぶあき)

 最近でこそはタレントで有名ですが
格闘技 K-1の選手で、レフェリーもやっています。

 空手 正道会館師範(6段)

 バット折り世界記録保持者



Cこの作者に関するサイトは?

 タイトル: 角田信朗ウェブサイト
 ※現在はブログに変わったようです



Dこの本はどんな本

 投稿17(前回の記事)



Eこの本に関するサイト

 タイトル: 角田信朗ウェブサイト
 ※現在はブログに変わったようです



Fどうやって手にいれる?

 私の場合は市内の図書館で見つけました。
本の表紙がインパクトがあるので見つけ易いです。



G本の紹介Pageへ移動

 投稿19へ



Hその他の作品へ移動

 投稿20へ



IYMOAからひとこと

  私は角田選手は昔から好きでしたね 
特に公武道(格闘技用品店)のテレビコマーシャルに
出ている角田選手が好きでした。

 スポーツ選手といっても、この人の場合いろんなジャンルにおいて凄い 

 以上

この本の紹介(次の記事)

作成日:9/12 火曜日          作成者:YMOA




YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

投稿19「角田信朗のフルコンタクト英会話」の紹介


◇◇「角田信朗のフルコンタクト英会話」の紹介◇◇

この本に関すること(前回の記事)


【書籍のタイトル】 角田信朗のフルコンタクト英会話

【作者名】     角田信朗

【ジャンル】    語学書






 本のタイトル名をクリックすると 自動的にアマゾンに移動できます

 そこでは 商品の詳細の下部辺りから
この本のサンプルページを閲覧する事ができます。

 そして、購入者の方の意見を見る事ができます。

 以上




YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

投稿20 「角田信朗さん」のその他の本や感想


◇◇「角田信朗さん」のその他の本や感想◇◇

この本の紹介(前回の記事) / この本に関すること(以前の記事)


【本の感想】  皆様の感想をお待ちしております。

【その他の書籍】角田信朗のボディ・トレーニング







◇◇「角田信朗のフルコンタクト英会話」の感想◇◇


 角田信朗さんのファンの方にはもちろんの事
K-1や格闘技ファンにも是非読んで貰いたい一冊です。


 私は、初めスポーツ選手や格闘家の方でも英語が学習できるのなら
私だって..などと甘い考えでおりました。


 でもこの本を読んでみて考え方が変わりましたね
この人は多芸で頭がいいんですよ。

 経歴を見てもうなずけます。

そういった事で、新たな角田選手の魅力が発見できる事でしょう


 もちろん、格闘技に興味がない方にもお勧めできます。


 外国語を学習する上で最も大事な事や日本人にありがちな
語学に対する姿勢などが アドバイスされています。


  角田選手自身がどんな学習方をしていたか
は参考になりますね


 やはり楽しみながら無理なく学習できそうな気持ちになります。


 他にはK-1の経営的な話やエピーソドも出てきて格闘技好きな私には
ちょつと得した感じ。

 語学の入門書で初めに読みたい本です。

 以上

作成日:06/9/15        作成者:YMOA


◇◇「角田信朗のボディ・トレーニング」の感想 ◇◇

「ICOの書籍紹介」と言うトレーニングのブログでも紹介されていました。

 以上








YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

投稿25 すべての方を対象にした本


◇◇すべての方を対象にした本◇◇


 なんだか本の紹介をするのも久しぶりですね。


 タイトルには難しいことを書いていまいましたが
要するに誰にでも楽しめる本

 もしくは、すべての人を対象にした本です


 ちょっと考えて見て下さい 
皆さんはどんな本を思い浮かべましたか?


 難しく考える必要なんてありませんよ!


 ヒントを出すと良くバスガイドさんなんかが
レクリエーションで取り入れたりするやつですよ


 そう言えば、私の母も昔はバスガイドの仕事をしていましたね


みなさ〜ん! もうお解かりですよね!


 答えは


占い  AND   誕生日


 まぁ、他にも色々な答えがあると思いますが
とりあえずそういう事にしときましょう。


 では、次回は「占いの本」を紹介したいと思います。

  以上


作成日:9月22日 金曜日  作成者:YMOA


YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

投稿26 占いの本について


◇◇占いの本について◇◇



 さて、前回の予告通り「占いの本」を紹介したいと思います。


 読者のみなさんは占いはお好きですか?


 まぁ、私なんかも特別に占いマニアでもないのですが
雑誌や新聞などに載っている占いの記事なんかは、ついつい見てしまう


 誰だって自分が主役になれる記事を見れば当然といえば
当然のことなんですが...


 占いが好きなのは何も日本人だけではありません
私が生活しているHa Noi Cityにもやっぱり存在します。


 この国では、一昔前までは占いが禁止だったそうです。


それもあってか、古い観光雑誌などを見ると未だにそうった記事をみかけます。


 最近では、雑誌の記事の一部にも掲載され一般的に親しまれているようです。



 さて、占いといっても色々な種類がありますが 
代表的な占いをピックアップしてみました



「星座占い」「動物占い」「血液型占い」「誕生日占い」「手相占い」 

「人相占い」「姓名判断」「風水」「家相」etc...


 ざっとこんな感じになります



 一時期は、動物占いが流行した時期もあったり
へびつかい座を加えた13種類の星座占いなどが流行った事もありましたね。


 そして、風水も有名だと思います。


 ときに、私は風水は好きです。


なぜかと言いますと、他の占いに比べて


「攻めの占い」「自ら動く」


 ってイメージがあるじゃないですか
そういった理由で以前は本も買っていました。



 さて、私が紹介する占いの本は
これらの占いには属しません。


 しいて近いと言えば、誕生日占いなのかな?



 何はともあれ、次回は私のお勧めする
とっておきの占い本を紹介したいと思います。

 以上


作成日:9月26 火曜日   作成者:YMOA


YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 10:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

投稿27 占い本の紹介


◇◇占い本の紹介◇◇



@この本を知ったキッカケ

 何気に本屋さんに出かけた時に、この本を見つけました
私の第一印象としては"とにかくぶ厚い"



A私は読んだのか?

 はい、読みました。

私にとって、この本は辞書ですね。

必須品です。



B作者はどんな人

 作者は外国の方なので 正直良く解かりません。



Cこの作者に関するサイトは?

  わかりません。



Dこの本はどんな本

 記事へ移動



Eこの本に関するサイト


  不明



Fどうやって手にいれる?

 「VILLAGE VANGUARD」に行けばあると思います。

 図書館で見かけた事もあります。

補足:VILLAGE VANGUARDについて(投稿30)



G本の紹介Pageへ移動

 記事へ移動



Hその他の作品へ移動

 記事へ移動



IYMOAからひとこと

 はっきり言って高額な本です。

実を言うと、私自身も購入を何度も検討しました。


この本を読んでから、他の占いには興味が無くなりました。


 占いは奥が深いです、ある意味総合学問ともいえますね。

 以上


作成日:9月27日 水曜日   作成者:YMOA


YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

投稿28 相性事典の紹介


◇◇相性事典の紹介◇◇




 【書籍のタイトル】相性事典

 【作者名】ゲイリー ゴールドシュナイダー
       ユースト エルファーズ
       牧人舎 (翻訳)

 【ジャンル】占い本

                


 本のタイトル名をクリックすると、自動的にアマゾンに移動できます。

モバイルの方は画像をクリックする事で移動できます

 そこでは、商品の詳細の下部辺りから
この本のサンプルページを閲覧する事ができます。

 そして、購入者の方の意見を見る事ができます。

  以上




YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

投稿29 相性事典の感想・その他の本の紹介


◇◇相性辞典の感想◇◇




【本の感想】 教授より


 相性占い。

人と人との対人関係の適正を調べる事ができます。



 もちろん、恋愛や結婚の相性も調べる事ができます。


率直な感想としては、まず自分の性格というのが良く当たっています。


 そして、自分の可能性や潜在能力のいう物に気がつかされます。


 自分の長所についても、改めて自信を持つ事ができますし
短所においても、改めて自分を見直す事ができます。


 メインの相性の方ですが、こちらも凄く良く当たっています。


 特に今まで、付き合ってきた友人にこんな一面があったのかと
新しい発見があったりもします。


 特に日本人のように感情を表に出さない人種などにおいては 
人間性などがわかりにくい物です。


 この本を使う事で、友人ともっと良い関係が築けるかもしれませんね。



【この本のお勧めの使い方】


職場の人間関係や人事異動の材料に使える


私のように、海外で生活している人などは
 どうしても違った文化の国の方々とビジネスをする機会が出てきます。

 そんな時に性格を調べたり、ビジネスの相性を調べたりできます。


ビジネスパートナーを探す際や、転職の適正を見つける材料にもなる。



【この本を読んで変わったこと】


夫婦関係がうまくいかない時に、この本を使って問題解決
 がうまくいくようになりました。


誕生日に興味を持つことによって、友人の誕生日に
 ちゃんと祝福できるようになりました。

 
あらかじめ性格が解かるので、かなり早い段階から
 親密な交友関係を築けるようになりました。



◇◇その他の本◇◇

 【本のタイトル】 誕生日事典



                  


  以上








YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

投稿52 病気と健康に関する本の紹介


◇◇病気と健康に関する本の紹介◇◇




 健康について、1作目に紹介する本のタイトルは


脳内革命


 この本は、ちょっぴり古い本なのです。


 私は、本の発売当時から欲しいと思っていたのですが
どうも、この堅苦しいタイトルや少しばかり値段が高い事など
ありまして倦厭していた訳です。


 そして、月日が流れ
本が好きな友人とお喋りしている際に、この本の話になったのですが


 友人いわく


「俺はあの本は興味無いね、だって脳内モルヒネの本で医学に関する本でしょ?」


 そんな事を言っておりました。



 当時の私は、啓発本が好きでしたので
それを期待していた事もあってか、本を手にする事はありませんでした。



 そして、3度目のチャンスがやって来ました



 場面は変わりまして、Ha Noi Cityの日本食レストランにて
偶然にこの本と出会いました。



 このレストランには、他にも魅力的な本があったのですが
私はこの本を読む事を決心ました。


 余談なんですが、私が好きな武士道の本やらミリタリー本があったのですが
その時期に読んでいた本が「あしたのジョー」だった事もあり
あえて異なるテーマを選択した訳です。


 では、次回は脳内革命の紹介に入りたいと思います。


  以上

作成日:11/7   作成者:YMOA


YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

投稿53 脳内革命の紹介


◇◇脳内革命の紹介◇◇




 本の紹介に入ります。


まずは、リンク先はっと!


 ちなみ、にリンク先の感想にはあまりよい事が書いてありません。


リンク先:脳内革命―脳から出るホルモンが生き方を変える


 この本を全部読み終わった所で、ふと私は考えました。
まぁ、お約束ということで...


「私の脳内に革命が起こったんですか?」


「えぇ そりゃーもうテロリズムやらクーデターやらゲリラ戦まで幅ひろく...」


!? いけねぇ それは今読んでいる本の内容でした。


 でもね、確かに私の哲学的思考において


新しい革命が起きたといえるでしょう。


 さて、この本がどういう物かという話に戻しまして

まず、感じること


 それは、


この難しいジャンルにおいて、よくここまで解かり易く説明されている


 ということで、ベストセラー本である事実に納得できる作品です。


そして、誰に対しても役立つ事が書いてありますので



皆さんに読んで頂きたい本


きっと、あなたは現代医学のあり方に対して

考えさせられる、何かが見つかることでしょう。



 ちなみに、私の知っている本の中で


Best8までに確実にエントリーする本だと考えております。

  以上


作成日:11/22   作成者:YMOA



YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

投稿54 脳内革命の感想・その他の本



◇◇その他の本の紹介◇◇



◇◇脳内革命の感想◇◇

 この本は、東洋医学と西洋医学の病気学に関する本であります。


作者は、8歳で指圧の免許皆伝をしたそうですが


 私は、これを見て18歳の間違いでしょ?
そう思っていたのですが

 どうやら、本当に小学生(年齢から推測して)で免許皆伝したという
恐るべき実力者であります。


 まず、私にとってこの本を読んだ事で
正しいダイエットの知識が身に付いたので
この太ってしまった体がスマートになる日が楽しみです。


 他には、病気・健康・現代医学に対する正しい知識が身に付いたようです。


そして、東洋医学という考え方に感心させられました。


 もちろん、精神的向上にも非常に役立ったと言えるでしょう。


 正直言って、


もう少し早くからこの本を読んでいたら..


 そう思いました。


 この本については、一般人には革命的すぎて
あまり受け入れられないかも知れませんね。


でも、こういった考え方ができる人間が1人でも増えていけば


世界が良くなる


 そう思うんです。

  以上


作成日:11/25   作成者:YMOA








YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

投稿55 病気と健康に関する本の紹介[其の2]


◇◇病気と健康に関する本の紹介[其の2]◇◇




 さて、2作目に紹介する健康についての本


この本は、知名度が低いと思うのです。


 恥ずかしながら、私自身も以前に立ち読みしただけでして...

実はタイトルはおろか、表紙の姿すら覚えておりません。


 でも、何でまたこういった本を紹介するのかといいますと。

とても珍しい治療スタイルだからです。


 いつになく幼稚な紹介文である事に
ちょっぴりホッペが赤くなりそうです。


 なので、手っ取り早くキーワードを書き込みしたいと思います。


「エドガー・ケイシー」もしくは「リーディング」


 次回は、エドガー・ケイシーの本を紹介したいと思います。

  以上


作成日:11月27日   作成者:YMOA


YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

投稿56 エドガー・ケイシーの本の紹介


◇◇エドガー・ケイシーの本の紹介◇◇




 こちらが本の種類になります。





 さて、私がエドガー・ケイシーを初めて知ったのは
TV番組を見ていた事からです。


 私は、心霊特集などが好きでして
奇跡体験!アンビリバボー(フジテレビ)のある特集で
エドガー・ケイシーを知った訳です。


 エドガー・ケイシーをご存知で無い方の為に簡単な説明をいたしますと


「20世紀最大の奇跡の人」「眠れる予言者」


 と呼ばれ、リーディングという手段を用いて難病の治療をする人です。


 眠れる予言者と呼ばれている事から解かるように
世界の3大預言者の名前にも挙げられます。


 さて、本を紹介したいのですが
前回にも書き込みしたように、本のタイトルや表紙すら良く覚えていないのです。


 こういった事情もあり
ここは無理せずに画像のリンク先に託したいと思います。


  以上

作成日:11月30日   作成者:YMOA


YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

投稿57 エドガー・ケイシーの本の感想・その他


◇◇エドガー・ケイシーの本の感想◇◇




 いつものごとく感想を書いてみたのですが

この本に関しましては、私の記憶が曖昧であることから
ボツになった原稿から、当たり障りの箇所のみを抽出してみました。

 こちらが、それになります。



 ただ一つだけはっきりと言える事があります


 エドガー・ケイシーの本に関する事柄は
Webサイトで検索するよりも


「本で調べるほうが、より使い勝手が良いと言う事です。」


 ごくごく当たり前だと感じるかもしれませんが
実際、病名を絞り込んでNetで検索してみれば
その意味が解かることでしょう。


 さあ、例によって
この本に関する感想をお持ちしております。



◇◇その他の本の紹介◇◇



  以上



作成日:12月3日   作成者:YMOA








YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

投稿58 病気と健康に関する本の紹介[其の3]


◇◇病気と健康に関する本の紹介[其の3]◇◇


[其の1][其の2]の記事


 さて、3作目に紹介する健康についての本
この本はどんな本かといいますと。


 病院などで診てもらう理由の中でも、高血圧、虫歯に次いで
第3位にランク付けされている病気

 そして、日本人が抱えている健康問題でもっとも多いもの


何か解かりますか?


 実を言うと、私自身においても 
この病気に長い間悩まされていたのです。

 実際、海外で生活する日がきた時にも医師から注意をされていたぐらいです。


しかも、この病気が悪化して会社を休む事もだびたびでした。


 っていうか、私の話はこのへんにして...
病名を申し上げますね


腰痛


 次回は、腰痛の治療に関する本を紹介したいと思います。


  以上

作成日:12月4日   作成者:YMOA


YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

投稿59 「腰痛」は終わる!の紹介


◇◇「腰痛」は終わる!の紹介◇◇


次の注意事項を必ずお読み下さい


 この本につきましては、生命を脅かすような危険な疾患による
シグナル(危険信号)がない事を前提として紹介しております。


 悪性腫瘍脊髄感染症圧迫骨折強直性脊髄炎馬尾症候群など
これらの病気の方、また疑いがある方につきましては速やかに病院で診断を受けて下さい。




 おまたせいたしました。

腰痛の治療に関する素敵な本を紹介したいと思います。

 まずは 本の画像をどうぞ!


 この本の大体のスタイルを説明いたしますと


世界の腰痛ガイドラインを知り科学的事実や治療を正確に理解する。

腰痛患者の腰痛体験記が色々紹介されている。

各コンテンツに入る前に それに関する世界の名言が紹介されている。


 と言った、3点から成り立っている素敵な本であります。


 えっ? 訳わかんねぇー。

日本語で説明してくれって?


 もぅ しょうがないなぁー


本を読むだけで腰痛が回復する


 と言う画期的な本だと言う事です。


えっ!? そんな本があったら病院がいらないって?


 そう言った意見というのは必ず出るんですよね。


何はともあれ、本を読んでからそういう事を言って欲しいいんだな。


 目新しく画期的な物に対しては
そういった事が必ずと言っていい程あると思うんです。


 ちなみに、この本の中では
今までの腰痛治療が本当に有効であるのか?

 それについての科学的実験なども書かれております。


 さぁ! 手術やら牽引治療をされている方々
この本を読んでからも、そんな事を言っていられますか?


補足:すべての方に対して、必ずしも100%の効果を保障するものではありません。
    あらかじめ、その点につきましてはご了承下さい。



  以上

作成日:12月4日   作成者:YMOA


YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

投稿60 「腰痛は終わる!」の感想・その他


◇◇「腰痛は終わる!」の感想・その他◇◇




◇「腰痛は終わる!」の感想◇

準備中


◇その他の本の紹介◇

   
 

 これらの本の感想もお待ちしております

  以上

作成日:12月9日   作成者:YMOA








YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。