2006年09月21日

投稿23 図書館との付き合い方について


◇◇図書館との付き合い方について◇◇


図書館について [其の2](前回の記事)


 図書館に行った時にまず最初にやる事
それは「図書館で本を借りれるか?」について調べる事です。


 読者の皆様は、本を沢山持って貸し出しカウンタへ行ったら
「ごめんなさい」なんて言われた経験はありませんか?

 まずは貸し出しの条件を書き出してみますね。


【図書館で本を借りる為の条件】


 ●管轄の市町村に住んでいる事

 ●図書館の貸し出しカードがある事(作成時は身分証明書が必要)

 ●管轄の勤務先や学校であれば可

 ●近郊の図書館グループ内であれば貸し出し可


 では、次に「図書館の良い所・悪い所」と言えば? 


【図書館の良いところ】


 ●地図が豊富「ゼンリン住宅地図など」

 ●町の歴史の調査に役立つ「郷土資料が豊富である」

 ●新聞が読める「過去の新聞記事も調査できる」

 ●オーディオの本がある「比較的高額な本であるので助かります」

 ●留学に関する本がある「本屋に比べ留学の資料などが多い」

 ●スポーツの雑誌がある「プロレスの雑誌もあります」

 ●就職や資格の本がある「資格や職業を網羅した本などあります」

 ●子供向けの本    「子供にとって図書館は楽しい場所です」

 ●歴史本       「久々に見ると 昭和も過去の歴史なんですね」

 ●節約本       「なんだか得した感じ」

 ●その他    「住民票などがが取れる図書館もある」



【図書館の悪い所】


 ●法律本「法律は日に日に変化しています。常に新しい物を利用しましょう」

 ●観光本「こちらもやはり年代が古い物が目立ちます」

 ●プログラムやPC関連の本「PCの進化はとても速いです」

 ●語学書「やはりこの手の物もあるだけ」

 ●服の雑誌「どの年代を対象にしているのでしょうか?」



【図書館の意外に使える所】


 ●漫画「三国志など」

 ●経済本「意外に解りすい本があったりする」

 ●啓発本「ちょっと前に購入を迷っていた本があったりする」

 ●ビジネス本「意外な発見がある」

 ●過去の名作「歳月を経てまた読むと一味違う」


 では、次回は図書館のまとめをしますね。

  以上

図書館のまとめ(次の記事)

作成日:9月21日 木曜日     作成者:YMOA







YMOAの本の研究所【教授の書庫】
posted by 教授Part2 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本に関する記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。